本文へスキップ

株式会社グローバルクエストは、仏事の総合コンサルタントを専門とする、神戸市中央区の株式会社です。

TEL. 078-871-3096

〒651-0055 兵庫県神戸市中央区熊内橋通1-8-18

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

2011年
供養壇の紹介
2011年
納骨堂、寺院の紹介

サポート情報(FAQ)

Q.納骨堂とは?

A.納骨堂(のうこつどう)は、遺骨を保管しておく建物で、納骨殿、霊堂などとも呼ばれている。日本では通常仏教寺院の敷地内に建てられています。

Q.供養壇とは?

A.後継者がなく死後の供養に不安がある方や、様々な事情から通常の墓地管理が難しい方などのために、責任をもってご遺骨を納骨、管理し、以後の供養を行う永代供養をする為の、お墓のような壇を言います。

Q.家族葬とは?

A.葬儀社によって提供される、葬儀の手法の一つ。 密葬や火葬式と並び、近年の葬儀方法の代表格で、この葬儀では、故人と家族を、ごく少数の会葬者によってつなぐことができます。 一般の会葬者への心遣いが必要なく、故人との最後の別れを存分に確保できるため、この家族葬という名前がつけられました。新しい葬儀の形として、家族葬を選択する方が増えています。家族葬の厳密な定義は特にありませんが、家族や親族、親しい友人の範囲だけの葬儀ということになり、規模だけを見れば密葬とだいたい同じですが、「密葬」とは呼ばずに暖かい響きのする「家族葬」と呼ぶようになったようです。そもそも、密葬は本葬と対で使われることから、本葬のない密葬を家族葬と言うようになったとも言われています。

Q.骨葬とは?

A.火葬後に通常の別れの儀式(通夜や告別式など)を行うことなく、お寺へお骨を持って行き、そこでお経を上げてもらい別れの儀式に代えるという方法のこと。

Q.お別れの会(忍ぶ会)とは?

A.最近は、お葬式を直葬や家族葬など、限られた少人数で執り行うスタイルが増えています。そのため、お葬式に呼ばなかった友人・知人に対しては、死亡通知状を送ることで一区切りとします。ただし、故人がお世話になった方や親しくしていただいた方への感謝の気持ちを込めて、後日あらためてこうした方々を招待するご遺族も増えています。こうした会は、通常の告別式に代わる「お別れの会」という新しい葬儀スタイルです。

Q.終活とは?

A.終活(しゅうかつ)とは「人生の終わりのための活動」の略であり、人間が人生の最期を迎えるにあたって行うべきことを総括したことを意味する言葉。主な事柄としては生前のうちに自身のための葬儀や墓などの準備や、残された者が自身の財産の相続を円滑に進められるための計画を立てておくことが挙げられる。これは週刊誌『週刊朝日』から生み出された言葉とされており、2009年(平成21年)に終活に関する連載が行われた時期以降から「終活本」などと呼ばれるこれに関する書籍が幾つも出版されるなどといった風潮と共に、世間へこの言葉が広まってきています。2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされました。


バナースペース

株式会社グローバルクエスト

〒657-0066
神戸市灘区篠原中町2-4-20

TEL.078-855-3096
FAX.078-855-3097